So-net無料ブログ作成

白の恐怖 [鮎川哲也]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

軽井沢の豪奢な別荘「白樺荘」に、莫大な遺産を相続することになった四人の男女が集まった。
だが、生憎の悪天候で雪が降りしきり、別荘は外とは連絡が取れない孤立状態になっていた。
そこで、一人、また一人と殺人鬼の毒牙にかかって相続人が死んでいく…。
本格推理の巨匠が描いた密室殺人。発表から六十年近い年月を経て、初めて文庫化される幻の長編!

以下、少しネタバレがあります。



事件の内容はともかく・・・星影龍三は全くブレません(笑
これこそ、私が見たかった星影龍三だ。
しかも本人はわずか数ページにしか登場せず、一言も言葉を発さず。
それでいて、相変わらず態度がやたらでかく、嫌みな感じがするという(笑
そして「りら荘」同様、佐々弁護士の手記のみから事件の真相を看破するという
神業も見せてくれます。これぞ星影龍三の真骨頂ではないでしょうか。
もっともその推理をしゃべるのは田所警部なのですが(笑



雪の閉ざされた山荘というテーマに真正面から挑んだ御大の作品。
手記という体裁を取っているからか、佐々弁護士の人間観察が面白いです。
なので「白樺荘」へ着く前までの方が好きかもしれません。
ただこの事件の前置きともいえる箇所にも、もちろん事件解決の大きな
ヒントが隠されているのですが。

本書最大の難点は、このトリックがこの短期間で成り立ち得るのかどうか、でしょう。
篠崎ベルタと丸茂助手を殺害した時点で、犯人にとってかなり危ない状況には違いないのです。
(山荘にラジオのみというのが幸運?)
そして山荘に大雪で閉じ込められる、というのも偶然の産物に過ぎず、
もし大雪が降らなければ即座に見破られていたことでしょう。
この点は犯行をどのように行うつもりだったのか?という事も関係してきます。

また、わざわざ一カ所に集めずとも、相続人の連絡が来た時点で、
そこへ出向き、各人を殺害する方が、犯人にとっては遙かにリスクが低いのです。
解決編のところで、この危ない状況を回避する手立てを、ずいぶん前からしていたことが
述べられるのですが、この点を完璧に行っていれば、このトリックは成就したんですけどね。

あとがきにもありますが、改稿された未完の長編「白樺荘事件」は
遺産相続人探しが交代されているようですが、それ以外で、鮎川先生はどこをどう変えようと
していのか、それが読めないのは残念ではあります。
探偵役は星影龍三続投は間違いないと思いますが(笑




白の恐怖 (光文社文庫)

白の恐怖 (光文社文庫)

  • 作者: 鮎川 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/08/08
  • メディア: 文庫



nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 5

コースケ

はじドラ様、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-08-13 23:25) 

コースケ

鉄腕原子さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-08-13 23:26) 

コースケ

31さま、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2018-08-13 23:26) 

コースケ

@ミックさま、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-08-13 23:27) 

コースケ

サイトーさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-08-13 23:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。