So-net無料ブログ作成

片桐大三郎とXYZの悲劇 [倉知淳]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

元銀幕の大スター・片桐大三郎(現芸能プロ社長)の趣味は、犯罪捜査に首を突っ込むこと。
その卓越した推理力と遠慮を知らない行動力、濃すぎる大きな顔面で事件の核心にぐいぐい迫る。
聴力を失った大三郎の耳代わりを務めるのは若き付き人・野々瀬乃枝。
この絶妙なコンビが大活躍する最高にコミカルで抱腹絶倒のミステリー!

エラリー・クイーンのドルリー・レーン悲劇4部作のオマージュ。
「ぎゅうぎゅう詰めの殺意」(「Xの悲劇」)では「満員電車」という繋がりを持たせます。
「極めて陽気で暢気な凶器」(「Yの悲劇」)では、不思議な凶器、という繋がりを。
「途切れ途切れの誘拐」(「Zの悲劇」)では、これは死刑宣告というタイムリミットと
誘拐という、ある種のタイムリミットが繋がりなのかと思いましたが、違うかな・・・

最後「片桐大三郎最後の季節」(「レーン最後の事件」)は、・・・

「ぎゅうぎゅう詰め」では、犯人を指摘するまでには当然至らずですが、
スーツやコートのずれ、というのは赤川次郎作品でも何かあったなあと思った次第。
ただし、被害者が結局どういう服装で電車に乗っていたのかの描写がないため、
中々難しい気もしますが、読者とすると、犯人はすぐわかるのでは(苦笑

2作目はウクレレがなぜ凶器に使用されたのかというのが最大の読ませどころ。
ただ作品内ではこれがほとんど活かすことができていません。
むしろ、猫丸先輩(猫丸先輩シリーズ)ならば、もっと魅力的な「仮説」を提示できた
と思ってしまいます。

本作最大の欠点はお手伝いさんが受けた電話でしょう。よくよく考えるとこれは明らかに
不自然です(特に乃枝が時系列を表にまとめたあたりでよくわかる。)

「途切れ途切れの誘拐」は、これは閲読注意なのかもしれません。
最初の選挙戦との関係や殺人と誘拐の主従逆転というのはお見事。
しかし、誘拐事件をする必要性があったかどうか微妙な所ですね。

「片桐大三郎最後の季節」は本書所収では快作。
「レーン最後の事件」を見事に逆手に取っています。
ということは、シリーズは続くのかと少し期待してしまいます。


一番気になったのは、この片桐大三郎、誰がモデルなのでしょう?
片岡千恵蔵さんかなーとも思いましたが、
小御角勲監督との映画なんて話からは三船敏郎さんのイメージが強いですね。
途中出てくる「仁木もり介」は三木のり平さんでしょう。

レーン悲劇4部作へのオマージュ探しだけでなく、次々と登場する往年の時代劇スターの
名前から、それが現実世界の誰なのかを想像するのも、本書を楽しむ一つの方法ですね。


片桐大三郎とXYZの悲劇 (文春文庫)

片桐大三郎とXYZの悲劇 (文春文庫)

  • 作者: 倉知 淳
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/08/03
  • メディア: 文庫



片桐大三郎とXYZの悲劇 (文春文庫)

片桐大三郎とXYZの悲劇 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/08/03
  • メディア: Kindle版



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 4

コースケ

@ミックさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-09-20 21:02) 

コースケ

鉄腕原子さま、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-09-20 21:03) 

コースケ

31さま、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2018-09-20 21:03) 

コースケ

むうぴょんこ様、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2018-10-15 20:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。