So-net無料ブログ作成

自殺行き往復切符 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

19歳の女子大生・真鍋今日子は、恋人木村の甘い囁きを頼りに、心中をほのめかす書き置きを残し、
失踪した。翌日、今日子のハンドバッグと靴だけが海辺の崖で発見された。
警察の急報を受けた両親が現場へ向かったが…。その後、海岸で発見された今日子らしき女性は、
記憶を失っていた。一方、木村は新たに知り合った金持婦人を殺し、金と宝石を奪う。
そして次々と起こる殺人事件…。天才詐欺師が企む罠。ピカレスク・ロマン。

殺人犯かつ女性を生まれながら虜にし、詐欺を働く「木村久夫」「池上照夫」の物語。
また彼に魅了された女性たちの物語でもあります。

大宮司美沙の行動力には驚きますが、それ以上に彼女の父親・大宮司泰治がかなり
強烈な人物です。
娘のためなら、正義も道徳も関係無い、それこそ殺人まで犯すという、しかも
巨大な権力を持っているという。どう見ても悪役なのですが、どこかそう思えない所も
あるのがまた不思議。
そして、物語の最初に「彼」に騙された真鍋今日子の父・真鍋圭介も実は
最後の最後で大宮司と似た顔を見せます。
波子(今日子)の共同殺人をあらゆる手を使って無罪にするという、圭介の態度は
大宮司の姿に重なるのです。

ラスト、果たして美沙は「彼」に逢えたのか。物語はその結末を描かず終幕します。

他にもいくつか気になる謎を残しつつだったので、ちょっと気になりました。
真鍋の被書で極めて有能な金田はどうして警視庁捜査一課を辞めたのか。
大沢の妹の亜矢子と婚約解消したのはなぜか。
(再会したとたん、恋人関係に戻るので、余計に気になりました。)

「彼」はなぜ子どもにとても優しく、家族について語るとき、別人になるのか。
この辺りはあえて謎として残したという気もしますが、どうでしょうか。

それにしても、最後まで「彼」の本名は明らかにならず、主人公の名前すら
わからないという極めて希有な物語でした。


自殺行き往復切符 (角川文庫)

自殺行き往復切符 (角川文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: 文庫



自殺行き往復切符 (角川文庫)

自殺行き往復切符 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: Kindle版



自殺行き往復切符 (角川文庫 (6050))

自殺行き往復切符 (角川文庫 (6050))

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1985/04
  • メディア: 文庫



nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 6

コースケ

鉄腕原子さま、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-10-08 21:18) 

コースケ

@ミックさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-10-08 21:18) 

コースケ

31さま、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2018-10-08 21:19) 

コースケ

SORIさま、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-10-08 21:20) 

コースケ

むうぴょんこ様、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2018-10-15 20:49) 

コースケ

kiyokiyo様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-10-21 19:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。