So-net無料ブログ作成

双蛇密室 [早坂吝]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

本邦初トリックに唖然!

「蛇の悪夢」は「地と天の密室」に関わりが?
ミステリランキングを賑わす「らいちシリーズ」最強作!

援交する名探偵・上木らいちの「お客様」藍川刑事は
「二匹の蛇」の夢を事あるごとに見続けてきた。
幼い時に自宅で二匹の蛇に襲われたのが原因のようだが、
その裏に藍川の両親が関わった二つの密室事件が隠されていた。
らいちが突き止めた前代未聞の真相とは?
「本格」と「エロ」を絶妙に融合した人気シリーズ!

以下ネタバレを少し含みます。





今回はシリーズキャラクター、というか、らいちの援交相手である藍川刑事の
過去に迫る作品。
タイトルでどかんと銘打っているように、ずばり密室トリックです。しかも2つも。

2匹の蛇と2つの密室(天の密室と地の密室)が実にうまくリンクしています。
藍川刑事の夢に出てくる蛇も、実在の蛇とメタファーとしての蛇という、
密室と同じく2つの意味があるというのは、援交探偵というシリーズらしい、
うまさを感じました。

そして、2つある密室の、地の密室のトリックは、推理小説史上、前例のない
前代未聞のトリックであることは間違いありません。
このトリックも援交探偵というシリーズだからこそできたトリックとも言えます。

ただし、このトリック、あまりに飛び抜けすぎていて、見抜けるかどうかとかでなく、
実現可能なのかどうか・・・ここは評価が分かれそうです。

一方で、本作は藍川刑事にとってどうやら大きな転換になった物語であり、
ラストの1行が、シリーズ次作を早く読みたいという衝動に駆り立てます。
もっともあとがきを読むと、藍川刑事は登場はするみたいですが(笑
それでも、二人の関係性はどうなるのか気になるところです。


双蛇密室 (講談社文庫)

双蛇密室 (講談社文庫)

  • 作者: 早坂 吝
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/06/13
  • メディア: 文庫



双蛇密室 (講談社文庫)

双蛇密室 (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/06/13
  • メディア: Kindle版



nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ: