So-net無料ブログ作成
赤川次郎 ブログトップ
前の30件 | -

綱わたりの花嫁 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

誘拐された花嫁は別人!?
本物はどこへ?

結婚式に覆面をした三人組が飛び込み、花嫁を誘拐した。
しかし、さらわれたのはアルバイトで花嫁のふりをしていた久美子だった。
久美子の母親や友人の塚川亜由美は、本当の新婦・美亜の父親で
大富豪の坂戸に身代金の立て替えを頼むが、聞く耳を持たない。
その横暴な態度が、思わぬ波乱を巻き起こすことに!
長編ユーモアミステリー、人気シリーズ第30弾。



花嫁シリーズでは、久しぶりの長編です。
(というか前回の長編は何でしたっけ?手元に無く確認できず)

誘拐された花嫁が、実はアルバイトでという所から始まる誘拐ミステリ。
普通に考えればその時点でタイムリミットサスペンスになるのですが、
そこがそうならないのが、赤川作品。
なんと誘拐された花嫁が誘拐団に加わるという奇想天外な事態に。

さらに、本物の花嫁・坂戸美亜は、八田圭治と駈け落ちするのですが、
その周囲でもなにやら不穏な空気が・・・

花嫁の誘拐という事件から、殺人事件やさらにその他の事件まで
次々と起こり、長編らしさを感じます。

最後は相変わらず、かなり強引な大団円的な結末なのがちょっとなあ・・・と思いましたが、
亜由美の両親が普段と何ら変わらないのはさすが。

本作はシリーズ第30作目という記念作品なんですね(それもあり長編?)。
シリーズ一覧を見ると、『紙細工の花嫁』とか『半人前の花嫁』などを思い出します。

亜由美のボーイフレンドである谷山先生の影が最近かなり薄いので、
次作ではぜひその活躍をみたいです。


綱わたりの花嫁 (実業之日本社文庫)

綱わたりの花嫁 (実業之日本社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: 文庫



綱わたりの花嫁 (実業之日本社文庫)

綱わたりの花嫁 (実業之日本社文庫)

  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: Kindle版



nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:

闇が呼んでいる [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

それは、
君たちの噓のせい。
復讐の幕があがる!

女子大生の田渕美香は友人の轟淳子、黒沼さとみ、池内小百合と六本木の店で
マリファナを喫っていた。ところが、薬で眠らされてしまう。気がつくと乱暴された跡が!

美香は外務大臣の娘。麻薬パーティにいたなんて知られるわけにはいかない!
同級生の西川勇吉を乱暴した犯人に仕立て上げ逮捕させることに成功する被害者づらの彼女たち。
西川は追い詰められ自殺してしまう。

数年後「逃れることはできない」と奇妙なメッセージが彼女たちのもとに届く。
差出人は罪を着せられた西川だった!
復讐の幕があがる。


単なるクラスメートにえん罪をきせ、自分たちの幸せは守ろうという、
そして田淵美香の父親は現職の大臣。財力もある。
金と権力で不祥事を揉み消す、絶好の立場です。

ただし、父親は娘の言い分しか知らないため、美香ほどの罪はないでしょうが・・・

この4人組は仲良し四人組というだけではない点は、大学生時代の頃から、
特に池内小百合から語られますが、
この小百合が一番このえん罪事件で大きく変わってしまったのではないでしょうか。

特に黒沼さとみは意図していないにはしても、彼女を頼ったおかげで、
人生の絶頂とどん底を味わっています。

美香の家も最後家庭崩壊するのですが、しかし、これはえん罪事件による
ものだけではありません。
夫である清水真也が浮気したことは、この事件を聞かされたから、だけでしょうか?

西川自身も死んでしまい、両親も亡くなった今、彼女たちに復讐しているのは
誰なのかが、最後までわかりません。
しかし、この犯人の行動も、復讐という面だけでなく、贖罪という面も大きいような
気がします。

ところで、ものすごく蛇足でかつ物語に一切関係ないのですが・・・
4人組の一人である轟淳子と、同じ同級生の馬場百合香が母校で講師をしているという
のは、かなり恵まれているよなあ。また20代の若さで大学講師とは・・・(笑
後にいずれも非常勤講師ということが判明しますが、それでもすごい。
今の時代は考えられませんね。


闇が呼んでいる (徳間文庫)

闇が呼んでいる (徳間文庫)

  • 作者: 赤川次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2019/05/14
  • メディア: 文庫



闇が呼んでいる (幻冬舎文庫)

闇が呼んでいる (幻冬舎文庫)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2003/09/30
  • メディア: Kindle版



nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:

三毛猫ホームズの証言台 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

因縁めいたつながりのある人々が集った“高原ホテル”。法廷で決定的な証言をし
無罪をもたらした女性と結婚した千葉。大企業の社長令嬢の婿となった記憶喪失の男、辻川。
彼の出現により未来を失った安西…。奇しくもホテルに同行した片山刑事たちは、
複雑な人間閑係が巻き起こす事件に対峙する。そして、ホームズの可愛らしい後輩も登場!
国民的大人気シリーズ第51弾!

はや51作目ですか。いや本当に長寿シリーズです。
本作は「高原ホテル」が舞台となりますが、ホテルで思い出すのは
やはり「黄昏ホテル」
本書も「黄昏ホテル」同様、まさに解説文にあるように因縁めいたつながりの
ある人々が集います。

それにしても、これだけの登場人物を本当にうまく描ききるなあと感心します。
プロローグのおそらくは虚偽の証言をした森川礼子と、それを依頼した千葉克茂。
この二人の物語が次項から始まるかと思いきや、お見合い叔母さんの異名を取る
児島光枝が登場し(笑)さらには辻川寿男とその妻・友世・・・と
目まぐるしい場面展開にもかかわらず、読みづらさを感じない。さすがです。

本作ではホームズの弟子(?)パリという子猫が登場します。
どういう風貌なのかはっきり書かれていないのですが、ホームズがなにやら指導をしている
場面もあるし、かなり優秀な弟子のようです。

最後の大団円は、ご都合主義といってしまえばそれまでですが、
しかしこれがホームズや片山たちが持つ事件解決の力なのでしょう。

今回の解説で山前譲さんは、カッパノベルズ刊行時の<著者のことば>を
引用して、このシリーズのおおまかな流れを説明されています。

ところが文庫購入だとこの<著者のことば>を読めず、今回紹介されて、
改めて本シリーズの位置づけの変遷を垣間見ることができた気がします。


「推理」や「狂死曲」「怪談」「降霊騒動」といった作品群から、
「花嫁人形」「危険な火遊び」「怪談を上る」そして本作「証言台」。
山前さんも指摘されるように、本シリーズは現実社会の変遷を相当受け入れつつも、
そこにホームズ・片山姉妹・石津刑事・栗原捜査一課長といった「変わらない」
シリーズキャラクターを入れる事で、現代社会や時の世相へ常にメッセージを
送り続けているのでしょう。
赤川さんはそれを一貫して行ってきたのかもしれませんが、
やはり初期・中期と比較しても、この色合いは近年の作品群に多く見受けられる
気がします。

とはいえ、前にも書きましたが、初期・中期の作品群のテイストも読みたいのは確か(笑
先生、ぜひお願いします。


三毛猫ホームズの証言台 (光文社文庫)

三毛猫ホームズの証言台 (光文社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2019/04/11
  • メディア: 文庫



三毛猫ホームズの証言台 (光文社カッパ・ノベルス)

三毛猫ホームズの証言台 (光文社カッパ・ノベルス)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/12/20
  • メディア: Kindle版



nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:

ゴールド・マイク [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

川畑あすかは友達の佳美とともにオーディションに挑戦していた。三度目にもかかわらず、
“あがり性”のあすかは、途中で歌えなくなってしまう。ところが、本選終了後に
審査員のNK音楽事務所中津が声をかけたのはあすかだった!佳美にそのことを話せぬまま、
アイドルへの道を進みだしてしまったあすかは一気にスターへの階段を駆け上がるが、
周囲には大人たちの黒い思惑が渦巻いていた!

この作品はダブル主人公という、赤川作品では珍しい作品だと思います。
しかも、芸能界を舞台としており、「川畑あすか」は偶像世界の、「前田佳美」は現実世界の、
というある種の棲み分けが出来ているんではないかと深読み。

あすかをめぐる各芸能事務所の思惑や、その関係者、そして家族・・・
ドロドロした汚いものが見える中で、
あすかと佳美は、自らを見失うことなく、力強く前に進んでいきます。
これがとても素晴らしい。

そして全てを見通しているかのような存在である佳美の彼氏・高林悟。
実のところ真の主人公ではないかと思いました。

ひとつ腑に落ちないのは、川畑亮の事件。
結局亮が殺人犯だったようですが、あの場面や説明はちょっとよくわかりませんでした。


それにしても赤川作品が続きました。やっぱり面白いんですよね。


ゴールド・マイク (徳間文庫)

ゴールド・マイク (徳間文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2019/02/08
  • メディア: 文庫



ゴールド・マイク (幻冬舎文庫)

ゴールド・マイク (幻冬舎文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2001/10/01
  • メディア: 文庫



ゴールド・マイク (幻冬舎文庫)

ゴールド・マイク (幻冬舎文庫)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2001/09/30
  • メディア: Kindle版



nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:

スパイ失業 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

入院中の夫と中1の娘を抱える主婦のユリ。その正体は東ヨーロッパにある小国のスパイだった!
しかし財政破綻で祖国は突然消滅、ユリが表の仕事である通訳に専念しようと決めた矢先、
駅のホームから突き落とされかけたり、派遣先のパーティ会場で大臣を狙う暗殺者に遭遇したりと、
周囲が騒がしくなる。ついには夫と娘にも危険が迫り、ユリは謎の敵に立ち向かう―。
すべては家族を守るため。戦う母のユーモアミステリー!

以下、ややネタバレ。





赤川先生の作品では殺し屋(元殺し屋)や泥棒などは主人公で多く登場しますが、
スパイはあまり居ないイメージです(知らないだけでしたらすいません。)
本書のタイトルが、中を読むと実に皮肉が効いていて、
これまで勤めてきた「スパイ」的な仕事(実際は単なる情報収集のみ)より、
国が無くなり、その仕事を失業してからの方が、スパイの仕事をしているんですよね。
スパイというより007に近いくらい。
しかも他人がユリをそのように見ている(特殊諜報部員)というのもまた皮肉です。

自分の夫が重大な秘密を握っているものの、直接に夫婦でその話は語られない所や、
最後に登場する黒幕がある超意外な人物だったりと、意表を突くドンデン返しもあり、
一気読み、間違いなしです。

そして確実に怪しいユリの相方(?)を勤めることになる河本くんが
怪しいだけで、何の関係もないけども、ものすごく度胸が据わっている人物だったり。
一国の隠し財産を巡る、凄惨な争いが描かれるのですが、その凄惨さを覆い隠す
ユーモアを実ニうまく織り交ぜています。さすが赤川先生。

最後のある超意外な人物の所は、物語を離れ、日本がスパイ天国を言われている皮肉にも
読めましたが、さすがにこれは深読みでしょうね。


スパイ失業 (角川文庫)

スパイ失業 (角川文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/01/24
  • メディア: 文庫



スパイ失業 (角川文庫)

スパイ失業 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2019/01/24
  • メディア: Kindle版



スパイ失業 (ハルキ文庫)

スパイ失業 (ハルキ文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2000/12/01
  • メディア: 文庫



nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:

明日に手紙を [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

製品に欠陥のある洗濯機が原因で、女性が感電死する。製造元のK電機工業は欠陥を知りながら
それを認めず、世間から非難を浴びる。そんな悪い状況から抜け出したいK電機工業の成瀬は、
被害者家族の平田夫婦や不買運動をしている人々の絆を壊すため、
捏造した手紙を出す計画を提案する。その計画は思惑通りに進んでいくかに思われたが…。

良くも悪くも、一族経営に近いK電機工業、社長は後半部分でまともな対応に出るのですが、
息子が酷すぎる。社長の対応だけではおそらくもう会社の建て直しは無理でしょうね・・・

K電機ばかりを攻めるマスコミや、被害者家族、不買運動を続ける人々を
混乱させる目的で書かれた手紙。
それがK電機への不買ではなく、平田家の現実のものとなるというのは
手紙を出した成瀬夫人やこれを画策した武藤副社長も予想だにしなかったでしょう。

一方、現代社会で手紙、というのはせいぜい年賀状で残っているくらいでしょうか。
それすらも、LINEやe-mailで事足りる世の中になりました。
しかし、手紙の持つ<不気味さ>はLINEやe-mailでは表現できないでしょう。
今の時代でも、突然自分の所へ、奇妙な手紙が届いたら・・・
本作はそんな手紙の持つ異様さ、不気味さも表していると感じました。


明日に手紙を (実業之日本社文庫)

明日に手紙を (実業之日本社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2018/12/06
  • メディア: 文庫



明日に手紙を (中公文庫)

明日に手紙を (中公文庫)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2000/04/01
  • メディア: Kindle版



nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:

幽霊から愛をこめて [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

高校一年の大宅令子は、編入先の全寮制山水学園へ向かっていた。同行する父は警視庁捜査一課の警部。道中、昨夜起きた殺人事件の話を知る。なんと学園の女子生徒が寮へ戻るところを殺されたという。
直前まで被害者と一緒にいた同級生は「白い幽霊をみた」と話していた。
事件に首を突っ込みたくなるタチの令子は、真相を探り始める。
一方、東京のNデパートでもよく似た殺人事件が発生する!

連続で赤川次郎御大。これも昨年読了済み。

いつもの女子高生主人公が事件を解決するユーモアミステリとはちょっと違います。
舞台は山間の全寮制山水学園だけでなく、東京でも似たような事件が起こり、
さらには主人公が3か月以上も行方不明になるという、大事件に。
ラスト、主人公へは伝えられない、ある非常に辛い真実が明かされるのですが、
令子は気付きそうですね。

単なる殺人事件に留まらず、なぜ殺人事件が起こり、令子にそっくりの人物までが目撃されるなど、
山水学園やその背後にある団体の真の目的はかなり驚きました。
赤川先生の作品で、幽霊とタイトルが付くと、だいたい本物の幽霊が登場したりするのですが、
それでもユーモアミステリなんですよね。
しかし、本作はそうではなく、なんというかカルトかつ普通に現在でも起こる可能性が
あるのではないかと感じました。


幽霊から愛をこめて (徳間文庫)

幽霊から愛をこめて (徳間文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: 文庫



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

ローレライは口笛で [赤川次郎]

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

新年一発目は昨年読了本から。
まずはAmazonさんの紹介ページから。

ナース仲間の久江、和子、千寿の三人は、休暇を取ってヨーロッパへ。ライン川の遊覧船で、
初老の紳士が具合を悪くした。彼を助けた千寿は、お礼にチェスの駒が付いたキーホルダーをもらう。
その紳士が行方不明になっている大学教授だと知った彼女は、帰国後、研究室に連絡をするが…。
口笛が奏でるローレライ。美しいメロディが、彼女たちを殺人事件へと誘う!

場面展開がめまぐるしい。そして本作はダブル・ヒロイン。
犯人はすぐにわかります。しかしそんなことは赤川次郎作品には関係ありません。

ローレライの音色、そして口笛、この辺りは恐怖を感じますね。
最後の場面はまさか自首のために警察へ行く二人とは到底思えず、
デート中の二人にしかみえない描写なのは、赤川次郎先生らしい作品。

ローレライそのものは、殺し屋の好きな曲だったのかなあ。
その辺りはたしか描かれていないんですよね。

一点いえば、この病院には入院したくない(笑


ローレライは口笛で 新装版 (光文社文庫)

ローレライは口笛で 新装版 (光文社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/11/08
  • メディア: 文庫



ローレライは口笛で 新装版 (光文社文庫)

ローレライは口笛で 新装版 (光文社文庫)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/11/20
  • メディア: Kindle版



nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:

悪の華 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

団地に住む一人の主婦が射殺された―。彼女の葬儀の日、7年ぶりに顔を合わせた“悪い仲間”たち。
現在は会社社長、ピアニスト、主婦とそれぞれの生活を送っている。その平和を脅かすように、
過去に仲間の1人を殺したあいつが帰って来たのだ!!一方、会社社長の背後に忍び寄る、
刑事と女性警察官の影。1人、また1人と仲間があいつの手で殺されてゆく…
最後に残るのは一体誰!?悪の悲しさと儚い友情を描いた傑作サスペンス。


まさに息をもつかせないジェットコースターのような、赤川作品らしい展開。
平凡な主婦(と思われた)谷沢佳子が拳銃で殺される冒頭のシーンは個人的には
物語に惹き込まれました。

神崎や迫田、綾子らが過去にどんな「悪」をしていたのかはっきりとは描かれません。
しかし、現在の生活はまともでも、物語の端々に出てくる、彼らの行動。
それは、たとえ、<ノラ>の出現がその引き金になったとしても、「悪」そのもの。

一方でそんな神崎に、警察官でありながらそれを裏切り、上司とまで撃ち合いをする
永峰静江という女性は、神崎のことが好きだからこその行動だったのでしょうか。

彼が生きているのは、多くの人の死の上にあることはまちがいありません。
神崎は最後まで生き残りますが、彼にとってそれは幸せだったのかどうか。



悪の華 (角川文庫)

悪の華 (角川文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: 文庫



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

本日は悲劇なり [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

早朝の教室で女子高生が原因不明の自殺をした。レポーターとして事件の取材をしていた白木は、
少女の死を喜ぶ級友や嘘の発表をする学校に興味を抱き、自殺の原因を探り始める。
調査を進めるうちに、何者かの妨害を受けながらも、少女の遺書を教師が隠したという噂を知る。
真相究明のため遺書を探し出そうとする白木だったが…。少女の自殺の裏に隠された真相とは。
驚愕の結末の表題作他1編収録。

表題作はマスコミの各報道への極めて皮肉のこもった作品。
スクープを見つけるために手段を選ばない白木の行動は自業自得でしょうが、
女子高生の「遺書」をどうすべきだったかは、今なら学校の対応が問われる気もします。

「1/2の我が家」は社宅の妻が自治会長に、会社の夫が課長に、それぞれの生活に
転機が訪れた所から始まる物語。
表題作より最後は救われる話ですが、このラストが赤川先生らしい。



本日は悲劇なり (角川文庫)

本日は悲劇なり (角川文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: 文庫



本日は悲劇なり (角川文庫)

本日は悲劇なり (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: Kindle版



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

恐怖の報酬 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

こんなはずじゃなかったのに――。平和な日常が反転する傑作短編集。

大切な来客の駐車場を確保しそこなった昭子。年下の課長から毎日嫌がらせを受ける定年間際の柳井。
公園でガラの悪い男たちに絡まれ、一緒にいた彼氏に置いていかれた友子。
アイドルと共に強盗の人質になった銀行員・明美。
窮地に陥った4人はそれぞれ差しのべられた救いの手を取ろうとするが……。
信じていた日常に裏切られた人間の、もろさとしたたかさを容赦なく描き出す、傑作短編集。

ホラー文庫らしい作品群です。
その中でも救いがある話は第3話「最後の願い」
ラストも最後にまた娘に会えて、会田もうれしかったのではないでしょうか。
もちろん、危害を加えようとしたことは後悔しているかもしれませんが。

第1話は主人公の昭子がプラスマイナスゼロと言っているように、
良いこともあれば悪いこともある、で終わらないところがすごい。
何かと頼りにしてきた三橋とのドライブから、一気に別の物語になったかのようです。
しかもラストは昭子までもがその世界に慣れているところが怖い。

「使い走り」は寺岡の自業自得な話の気もするのですが、
星野貞代が柳井が亡くなった直後に自殺していたという衝撃の事実と、
それが明らかになっても、課の誰もが感動して受け容れたという事実、
さすがに背筋が寒くなりました。感動的にも捉えられるし、恐怖とも捉えられる、
なんとも言いがたいラストです。

一番後味が悪いのは最終話「人質の歌」
とにかく救われる人は誰一人いません。
そして、強盗人質事件にかこつけて悪巧みをする輩たち。
途中、強盗犯とは違う殺人犯が登場するという、犯人のバトンタッチが行われるのは、
極限状態だからなのかと思いきや、実は最後でまた明かされる意外な真相。
とにかく誰一人として救われない物語です。


恐怖の報酬 (角川文庫)

恐怖の報酬 (角川文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: 文庫



恐怖の報酬 (角川文庫)

恐怖の報酬 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: Kindle版



nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:

今日の別れに [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

押しに弱く、彼氏の坂西と別れられず困っていた歩美。今日こそはと坂西に会いに行く途中で、
憧れの先輩・南田からデートの誘いの電話が入った。有頂天になった歩美が
その勢いで坂西を強く拒むと、傷ついた坂西は車の前に飛び出しはねられてしまう。
南田とのデートの時間が迫っていた歩美は罪悪感を覚えながらも坂西を見捨て立ち去るが、
そのことが思わぬ形で歩美の人生を歪めていく…。表題作他2編収録。

元々角川ホラー文庫で刊行されていたので、ホラー色がかなり強い作品です。
その中で唯一、赤川作品の少年少女の冒険譚とも言えるのが「角に建った家」
この話で一番気の毒だったのは、家が建った土地の地主でしょう。
いきなり絵に閉じ込められます(苦笑

表題作は主人公の歩美の行動から、家族やその周囲までが不幸に見舞われる話。
坂西や三田智子の恨みの深さは理解できますが、最後に坂西(と智子?)が見せた
優しさが少し救われます。
しかし妹が亡くなった直後の歩美の行動は確かにちょっと・・・

「あなた」は過去に犯罪を犯して逃げた「故郷」に、別人別名として
そして成功者として戻ってきた「町田国男」の物語。

表題作と違い、貞子は「町田」(増田)を恨んではいません。
しかし、増田自身、最後に自らに終止符を打ち、かつ改めて貞子と一緒に旅立つのです。

ラストはかなり意味深な終わり方です。
しかし、良子もひとみも真実を知ることは無いでしょう、それが救いです。



今日の別れに (角川文庫)

今日の別れに (角川文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: 文庫



今日の別れに (角川文庫)

今日の別れに (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: Kindle版



今日の別れに (角川ホラー文庫)

今日の別れに (角川ホラー文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/01/10
  • メディア: 文庫



nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:

自殺行き往復切符 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

19歳の女子大生・真鍋今日子は、恋人木村の甘い囁きを頼りに、心中をほのめかす書き置きを残し、
失踪した。翌日、今日子のハンドバッグと靴だけが海辺の崖で発見された。
警察の急報を受けた両親が現場へ向かったが…。その後、海岸で発見された今日子らしき女性は、
記憶を失っていた。一方、木村は新たに知り合った金持婦人を殺し、金と宝石を奪う。
そして次々と起こる殺人事件…。天才詐欺師が企む罠。ピカレスク・ロマン。

殺人犯かつ女性を生まれながら虜にし、詐欺を働く「木村久夫」「池上照夫」の物語。
また彼に魅了された女性たちの物語でもあります。

大宮司美沙の行動力には驚きますが、それ以上に彼女の父親・大宮司泰治がかなり
強烈な人物です。
娘のためなら、正義も道徳も関係無い、それこそ殺人まで犯すという、しかも
巨大な権力を持っているという。どう見ても悪役なのですが、どこかそう思えない所も
あるのがまた不思議。
そして、物語の最初に「彼」に騙された真鍋今日子の父・真鍋圭介も実は
最後の最後で大宮司と似た顔を見せます。
波子(今日子)の共同殺人をあらゆる手を使って無罪にするという、圭介の態度は
大宮司の姿に重なるのです。

ラスト、果たして美沙は「彼」に逢えたのか。物語はその結末を描かず終幕します。

他にもいくつか気になる謎を残しつつだったので、ちょっと気になりました。
真鍋の被書で極めて有能な金田はどうして警視庁捜査一課を辞めたのか。
大沢の妹の亜矢子と婚約解消したのはなぜか。
(再会したとたん、恋人関係に戻るので、余計に気になりました。)

「彼」はなぜ子どもにとても優しく、家族について語るとき、別人になるのか。
この辺りはあえて謎として残したという気もしますが、どうでしょうか。

それにしても、最後まで「彼」の本名は明らかにならず、主人公の名前すら
わからないという極めて希有な物語でした。


自殺行き往復切符 (角川文庫)

自殺行き往復切符 (角川文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: 文庫



自殺行き往復切符 (角川文庫)

自殺行き往復切符 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2018/09/22
  • メディア: Kindle版



自殺行き往復切符 (角川文庫 (6050))

自殺行き往復切符 (角川文庫 (6050))

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1985/04
  • メディア: 文庫



nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:

冒険入りタイム・カプセル [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

「三十年。タイム・カプセル。―そして、殺人」父の栄一郎が始めた三題噺。
再婚相手の光代とハネムーンの途中、三十年前に埋めたタイム・カプセルを掘り出すため
高校に立ち寄るらしい。同行を命じられた一人娘の倫子は「殺人」というお題に戸惑う。
そこへ「三十年前のことで話をしたい」という電話が。
さらに一緒にタイム・カプセルを埋めた同級生が父娘の目前で刺され…。

赤川次郎の王道作品でありながら、主人公の倫子よりも、
父親の栄一郎(含めた同級生と当時の教師)の青春物語かなあと感じました。

30年前に生徒だけでなく教師からも絶大な人気があった高津智子先生が殺害される。
彼女を殺した犯人は誰なのか。
タイムカプセルには何が埋められているのか?

栄一郎たちの前に現れた、彼の同級生・石山の娘「を名乗る」石山秀代、
倫子の新しい母親となった羽佐間(小泉)光江など、
倫子の周囲も一筋縄ではいかない人ばかり。

ラストで一気に大団円に持っていくのも、さすが赤川先生。
最初に書いた、栄一郎の青春物語というのは、実際のところ、
彼がタイムカプセルから殺人まで、ほぼ全ての謎を知っていたからという面も大きいです。

謎めいた女性である中山久仁子をもう少し活かして欲しかったなあという印象と、
大団円ではあるのですが、その反面、かなりの駆け足になってしまったかなとも思います。

今月は角川文庫で多くの赤川次郎作品が復刊しましたので、そちらも随時
更新していきます。


冒険入りタイム・カプセル (徳間文庫)

冒険入りタイム・カプセル (徳間文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/09/07
  • メディア: 文庫



冒険入りタイム・カプセル (角川文庫)

冒険入りタイム・カプセル (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2001/09/14
  • メディア: Kindle版



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

行き止まりの殺意 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

祐子の母は、父を裏切って家出をした。それを苦にして、父は自殺してしまう。
一緒に暮らしていた祖母も病死。たった一人取り残された祐子は、母への憎しみを募らせ、
それはやがて殺意に!凶器を携え、母の住むアパートへと向かうが…。(表題作)
他に、オフィスを舞台にした「消えた会議室」、ホラーの秀作「犬」など、
サスペンスあふれる傑作を揃えた短編集。

表題作は主人公の祐子が母親を殺しに行く途中で出会う、一組の夫婦が良いです。
奥さんとの会話、そしてラストに描かれるナイフの描写、
祐子が思いとどまった思い止まった大きな要因ではないでしょうか。

「真夜中の電話」は怒濤の展開かつスピーディなコメディのようなお話。
コメディなどというと、主人公の由紀子に怒られそうですが・・・
見舞われる災難はとても恐ろしいのですが、どこか抜けているんですよねえ。

「あの人は今・・・」は良い人しか出てこない作品。
ラストがまた素晴らしい。

右へ行ったらどうなるか、左へ行ったらどうなるか、人生生きていれば
そういう選択は多いかもしれませんが、「わかれ道」の主人公が選んだ
その選択は過激そのものです(笑
『三毛猫ホームズの安息日』でも片山晴美が「人違い」だかでとんでもない事に
巻き込まれますが、本作も同様。違うのは主人公・美也子の性格が一変したことでしょうか。

「犬」と「旧友」はともに犬がメインのホラー作品。
とはいえ、前者は確かになぜ犬が生きていたかはホラーですが、同情を禁じ得ません。
後者は完全なホラー。ラストもまた悲惨です。

最もミステリ色が強いのが最終作「消えた会議室」
主人公の明子はまさに赤川作品の王道主人公。
ちょっと頼りなそうな雰囲気のササニシキではなく佐々木警部、ではなく警部補は
実のところかなり優秀です。
存在しないはずの<第七会議室>やこの「七」という数字の読みの特殊性を
見事に活かした快作です。

ところで来月の角川文庫は異常に赤川次郎作品が復刊されるのですが、
何かあるのだろうか?


行き止まりの殺意 新装版 (光文社文庫)

行き止まりの殺意 新装版 (光文社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/07/11
  • メディア: 文庫



行き止まりの殺意 新装版 (光文社文庫)

行き止まりの殺意 新装版 (光文社文庫)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: Kindle版



行き止まりの殺意 (光文社文庫)

行き止まりの殺意 (光文社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 1988/04
  • メディア: 文庫



nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:

別れ、のち晴れ [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

最近、父親の様子がおかしいと高校生の宏枝はあやしんでいた。
別れた母と年に一度「離婚記念日」と称して会っているのだが、その日が近いからなのか? 
それとも仕事のトラブル? 宏枝は顔色を読むことにかけては天才なのだ。
一方、弟の朋哉も母親が落ち込んでいると連絡してきた。調べてみる必要がある? 
子たちは親を想い、親は子を想う。家族の再生を描く珠玉のホームドラマ!


殺人事件は起こりません。そして登場人物に一人も悪人は居ません。
それでもちょっとした日常、誰にでも起こりうることを、
こうして物語にできるのはさすが赤川御大。

強いて言えば、宏枝と朋哉が実に逞しいことでしょうか。
「子子家庭」シリーズまではいきませんが、本作のこの二人も負けてません。

そして彼らは江梨や市川との「出会い」を通じて、大人だけが持つ葛藤や苦しさを
学んでいきます。

徳間文庫にはこれからも復刊を望みます!


別れ、のち晴れ (徳間文庫 あ 1-100)

別れ、のち晴れ (徳間文庫 あ 1-100)

  • 作者: 赤川次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/07/06
  • メディア: 文庫



別れ、のち晴れ (徳間文庫)

別れ、のち晴れ (徳間文庫)

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/07/06
  • メディア: Kindle版



nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:

演じられた花嫁 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

女子大生・塚川亜由美と親友の聡子は休日に演劇を楽しんでいた。切ない物語に涙を流していると、
カーテンコールで主演俳優がヒロインの佐々木伸子にプロポーズ!会場は沸き立つが、
幸せそうな二人の背後には、ある女の冷たい眼差しが―。
さらに、伸子の元には謎の脅迫状が送られて!?
大人気ユーモアミステリー。(「花嫁は時を旅する」併録)

花嫁シリーズも現在刊行されているまででなんと31作。
息の長いシリーズとなりました。

本書では表題作より「花嫁は時を旅する」がオススメ。
土砂崩れで亡くなった松井夫婦が実は大きな事件を鍵を握っているのですが、
この夫婦、物語では一切登場しません。
しかしながら、関係者や犯人の話を聞いていくと、
実に奇妙で興味深い(といっては失礼かも)夫婦です。
むしろ彼らはどういう生活をしていたのか逆に気になってしまう・・・

そして本書両編にいえるのは、亜由美以上の活躍を魅せるのが
愛犬のドン・ファン。
赤川作品の中でも三毛猫ホームズの次に大活躍かつ主役を食うレギュラーメンバーです。

殿長部長刑事、相当に優秀なんだから、そろそろ警部補昇進とかどうでしょうかね?



演じられた花嫁 (実業之日本社文庫)

演じられた花嫁 (実業之日本社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2018/06/06
  • メディア: 文庫



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

霧の夜にご用心 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

“霧の夜の殺人“こそがサラリーマン平田正也の求める「理想的な殺人」。
会議中、社員の小浜一美に悪態をついた顧問桜田に、平田は怒りを覚えた。殺してやる!
酔っ払った桜田を待ち伏せしていたが、何者かに桜田は殺されてしまう。
そして翌日、一美が行方不明に!さらに犯人らしき人物から謎の電話が平田へかかるようになり……。
切り裂きジャックになり損ねた男の近くで起こる連続殺人事件。

また久しぶりの更新になってしまいました。やれやれ・・・

最後まで読むと、ひたすら小浜一美が可哀想だったなあと思います。
登場人物の中では救われなさ過ぎる。

しかし相変わらず設定が面白い。
主人公の平田正也はなぜか「切り裂きジャック」に憧れていて、
殺人を「ジャック」と同じ状況下で犯そうと熱望しているところから物語は始まります。

途中から登場する大場妙子の行動力はまさに赤川作品の女性主人公そのもの。
平田も彼女に押されっぱなしですが、物語が進むにつれ、「切り裂きジャック」から
勇敢な男へと成長していくのがまた良いです。
そして途中は妙な三角関係、いやハーレム状態になるところがうらやましい。

犯人はだいたい想像が付くのではないかと思います。
というより、犯人がある事実を電話で伝えたことが、平田自身も気付いたように
決定的証拠ですしね。

しかしまだまだたくさん未読作品が多そうです。
徳間文庫の赤川作品復刊には今後も期待したいですね。


霧の夜にご用心 (徳間文庫)

霧の夜にご用心 (徳間文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/05/02
  • メディア: 文庫



霧の夜にご用心 (角川文庫)

霧の夜にご用心 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2000/12/08
  • メディア: Kindle版



霧の夜にご用心 (中公文庫)

霧の夜にご用心 (中公文庫)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1995/04/01
  • メディア: Kindle版



nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:

偶像崇拝殺人事件 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

人気絶頂アイドルグループのコンサート会場で女子高生が刺殺された。
被害者の手には、メンバーの携帯番号が。事件を担当することになった大貫警部だが…?(表題作)
空気を読まず、直感で捜査。無理を通せば道理が引っ込む!?
破天荒すぎる大貫が周囲を翻弄する、大人気ユーモアミステリーシリーズ最新刊!

数あるシリーズの中でも、最も破天荒な性格(本人はそう思っていませんが)を
しているのが本シリーズの大貫警部でしょう。

最近はその破天荒ぶりが少しなりを潜めているのが残念ですが・・・

「偶像崇拝殺人事件」はAKBをモデルにしたお話ですが、
箱崎捜査一課長が意外にもファンだったことが明らかにされます。

大貫警部は昔からマスコミを使うのがやたらに上手いなあと思うんですよね。
本作でも「殺人未遂殺人事件」で何度も過激発言を繰り返します。
「東西南北殺人事件」や「一触即発殺人事件」でも実に上手いのです。
いや、単なる出たがりなのかもしれませんが(笑)

主役であるにもかかわらず、実は「殺人事件」という舞台から一歩引いた所に
警部自身居るのではないかと最近の作品では感じます。
少し時間を進ませて、井上刑事と直子の結婚式を描いてほしいですねえ。


偶像崇拝殺人事件 (講談社文庫)

偶像崇拝殺人事件 (講談社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/02/15
  • メディア: 文庫



偶像崇拝殺人事件 (講談社文庫)

偶像崇拝殺人事件 (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/02/15
  • メディア: Kindle版



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

三毛猫ホームズの回り舞台 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

“劇団Z”の観劇に赴いた片山兄妹とホームズ。終演後、主宰の土方らと食事をしていたところ、
アイドルの安東マリエが「土方は先が長くない」という噂話を耳にしたことを知る。
そのマリエの父・拓郎が夜の街で知り合った女子中学生の死に始まる殺意の連鎖。
得体の知れぬ犯人は誰だ?大人気シリーズ、堂々の第50弾!
短編「三毛猫はジャスミンの香りがお好き」を特別収録。

複数の人間の視点を上手く描写し、それを最後に極めて上手く収斂させるのは
赤川次郎先生以上の方は居ないのではないでしょうか。
今回もまさに舞台のようにめまぐるしく物語は進みます。

ここ最近のシリーズ(といってもいつからかと言えないのですが)では、
ホームズは探偵というよりも、全てを初めから見通している印象を受けますね。
昔から、各人の重大な決断を下す時とかに、影響を与えたりしてましたが、
最近は何か起きることから、結末まで全てお見通し感が非常に強い気がします。

片山や晴美、そして石津、久々に登場した栗原捜査一課長も相変わらず変わらぬ
優しさを持っているのは、変わらぬ良さです。そして事件を
大団円にもっていくことができるのは、彼らが居るからこそでしょう。
(課長が未だに絵画に興味を持っていることに衝撃を受けましたが・笑)

惜しむらくは、初期から中期の(「狂死曲」「怪談」「騎士道」「駈落ち」etc)
ストーリー的なワクワク感が薄れてきているなあと感じます。
人間の持つ「狂気」のようなものを描いた「正誤表」「四捨五入」。
本格ミステリの「推理」や幻想的な面も含む「黄昏ホテル」「騎士道」「びっくり箱」
まさにホラーの「怪談」「降霊騒動」
長編なのにレギュラーメンバーが違う事件を追うという異例の長編「安息日」

書けばきりがありませんのでこの辺で。

初期や中期のような作品をまたぜひ拝読したいです。


三毛猫ホームズの回り舞台 (光文社文庫)

三毛猫ホームズの回り舞台 (光文社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/02/08
  • メディア: 文庫



nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:

哀しい殺し屋の歌 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

毎夜酒場で泥酔する「元・殺し屋」が目を覚ましたのは、捨てたはずの実の娘の屋敷だった。
戸惑いつつも再会を喜ぶ男だが、別れた妻は既に病で亡くなり、
娘はなんと夫を殺されて若き未亡人になっていた。
さらに、男の元へ謎の少年から殺人の依頼が舞い込んでくる。
一連の事件の裏にはかつての仲間の影が――!?

表題作ほか「パパは放火魔」を収録。
国民的大作家がおくる、ユーモア×ハードボイルド×ミステリー!

今年ももう終わりですが、駆け込みアップ。
実業之日本社から刊行され、角川文庫で発売された本書が
装いも新たに実業之日本社文庫から復刊です。

殺し屋というのが普通に出てくる所が実に赤川先生らしい作品。
かつて凄腕の殺し屋だった、という現在進行形で無いところも良いですね。

本編ではお手伝いのハナ子が個人的にMVP。
杉山が襲撃されても「まるで『ゴッドファーザー』だわ!」と驚くだけ(笑
肝が据わってるお手伝いです。

もう一編の「パパは放火魔」は女子中学生の冒険物語。
解説にもありますが、『家族カタログ』を思い出します。

来年も先生のご活躍を祈念します。


哀しい殺し屋の歌 (実業之日本社文庫)

哀しい殺し屋の歌 (実業之日本社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2017/12/05
  • メディア: 文庫



哀しい殺し屋の歌 (角川文庫)

哀しい殺し屋の歌 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2001/07/13
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:

四次元の花嫁 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

姿を見せない花嫁なんて、まさか、妄想じゃ――?

ブライダルフェアに遊びに来た女子大生・塚川亜由美と親友の聡子は、
会場で不思議な新郎・一柳と出会った。
スタッフのみどりによれば、彼は結婚式のドレスも日程も自分一人で決めて、
新婦は一度も現われていないのだという。
調査を依頼された亜由美だが、帰宅途中のみどりが何者かに襲われて……!?
表題作ほか「花嫁たちの袋小路」を収録。
大人気ロングランミステリー、「花嫁」シリーズ!

表題作では久しぶりに谷山准教授がほんのすこ~しだけ登場。
亜由美&准教授での探偵コンビも久しぶりに読んでみたいものです。

「花嫁たちの袋小路」は何気ない日常が一気に崩壊し、ドラマの世界かのような
事が突然自らに降ってくる、そんな物語です。
最後の大団円は相当に強引な気もしますが、そこが赤川ワールドなのでしょう。

「忙しい花嫁」以来の長編を今度期待します!







nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

不思議の国のサロメー第九号棟の仲間たち [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

母親が愛人の首を切り落とした現場を目撃してしまった今村まどか。十四歳の少女の心のケアのため、
ホームズたちがいる“第九号棟”へ入院することになった。ところが入院したその日、看護人が同じように首を切り落とされ殺害されてしまう。自分を“サロメ”だと思い込んだまどかの犯行なのか?
病院から失踪したまどかを追って、ルパンやダルタニアンたちは調査を進める!

今回は九号棟が舞台となる作品。
ホームズやダルタニアンの活躍はいつも通りですが、
ルパンにピンカートン、サラ・ベルナール、ロビン・フッド、
アニー・オークリー、ベートーヴェンにクレオパトラ・・・
まさに(現時点での)シリーズ最終話に相応しい、九号棟の仲間たち
が大活躍します。

一方で主人公の鈴本芳子より、大川一江が本作ではメインを張っていて、
その点でもおもしろい作品です。
というか、これはシリーズを通して、この大川一江の成長を描く作品でもあり、
主人公はもしかしたら彼女なのかもしれません。

最後の大団円も相変わらずですが、しかしシリーズがこれで
終わってしまうのかと思うと、残念でなりません。
ぜひ続編を期待します。


不思議の国のサロメ: 第九号棟の仲間たち6 〈新装版〉 (徳間文庫)

不思議の国のサロメ: 第九号棟の仲間たち6 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/07/07
  • メディア: 文庫



第九号棟の仲間たち6 不思議の国のサロメ 〈新装版〉 (徳間文庫)

第九号棟の仲間たち6 不思議の国のサロメ 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/07/07
  • メディア: Kindle版



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

禁じられた過去 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

経営コンサルタントの山上忠男は、かつて憧れていた美沙から相談を受けた。
彼女の恋人が、横領の嫌疑をかけられているという。この横領事件をきっかけに、
山上は大きな謀略に陥れられていく。家族、かつての友人、女性秘書…、
周囲の人物までも巻き込んで、事件は目まぐるしく進展する。初恋の女性に心を一瞬奪われ、
危機に陥ってしまった山上の運命は!?

息もつかせぬ赤川作品。
次々と予期せぬ出来事や登場人物が増えていき、まさにジェットコースターサスペンス。

山上忠男の娘であるエリが赤川作品常連の強い女性。
そして何気にほとんど脇役なのですが、MVPといっていい活躍をしたのが
山上夫妻が宿泊した旅館のマネージャー・平松弓子。
彼女の旅館をメインとした短編集でも書いてほしいです。

いかにも怪しげな情報屋や、事件を追う村内刑事と安西刑事の因縁。
ひょんなところで出会った大学時代の旧友・津田との再会、そして事件も
加わり、本筋である、殺害された水野智江子の事件にどう絡むのか。
最後に一気に収斂させるのはさすが赤川次郎先生。
しっかり救いも入ってます。

復刊は本当にありがたいですね。


禁じられた過去 (光文社文庫)

禁じられた過去 (光文社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/07/11
  • メディア: 文庫



禁じられた過去 (角川文庫)

禁じられた過去 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2001/07/13
  • メディア: Kindle版



禁じられた過去 (角川文庫)

禁じられた過去 (角川文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1999/12
  • メディア: 文庫



禁じられた過去 (双葉文庫)

禁じられた過去 (双葉文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 1994/12
  • メディア: 文庫



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

真夜中の騎士-第九号棟の仲間たち- [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

悪名高い実業家添田が、白馬にまたがった黒い鎧の騎士に剣で殺されるという謎の事件が発生。
しかも愛人今日子の目の前で!次に騎士が現れたのは、あるパーティ会場。
製薬会社会長の黒川の心臓を槍でひと突きにした。騎士の正体とは?何が目的なのか?!
現場に居合わせた鈴本芳子は、被害者の娘黒川さつきに相談を受け、
おなじみ“第九号棟の仲間たち”と「黒い騎士事件」に迫る!

馬に乗ってどこからともなく現れる「黒い騎士」
悪い噂や悪名高い者たちの首を次々と刎ねていく、その様はなんだか
「必殺」シリーズのようでもあります。

ダルタニアンの八面六腑の活躍は相変わらずで、
双璧をなすホームズが今回は影が薄いですね。

鈴本芳子だけでなく、今日子や黒川さつきといった、赤川作品おなじみの
強い女性の活躍も相変わらずで、読んでいて安心感を覚えてしまいます。

1点不満があるとすれば、黒い騎士の背景が描かれなかったことでしょうか。
あえて描かなかったのかもしれませんが、騎士がなぜあのような状況に
なってしまったのか、もう少し触れて欲しかったです。

復刊も次が最終刊みたいですね。寂しい限りです。


真夜中の騎士: 第九号棟の仲間たち5 〈新装版〉 (徳間文庫)

真夜中の騎士: 第九号棟の仲間たち5 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/05/02
  • メディア: 文庫



第九号棟の仲間たち5 真夜中の騎士 〈新装版〉 (徳間文庫)

第九号棟の仲間たち5 真夜中の騎士 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/05/02
  • メディア: Kindle版



真夜中の騎士 (徳間文庫)

真夜中の騎士 (徳間文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1993/02
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

クレオパトラの葬列-第九号棟の仲間たち [赤川次郎]

Amazonさんの紹介ページから。

鈴本芳子二十歳。奇妙な仲間――ホームズ、セルバンテス、ダルタニアンらとともに探偵業を楽しんでいる。
ある日、三矢産業の社長令嬢、大矢朋子から相談をもちかけられた。
浅井聖美という女に経営陣たちが骨抜きにされ、会社を乗っとられそうだというのだ。
さらに朋子の母があやうく殺されそうになって……。
『華麗なる探偵たち』でおなじみの仲間たちがまたまた大活躍! 長篇ユーモア・ミステリ。

三人で始めた会社に現れた一人の女性・浅井聖美。
彼女の目的は会社の乗っ取り?
元夫の浅井文吉も彼女に殺されると話し出す始末で・・・

ホームズとダルタニアンの活躍はいつも通りですが、
今回はダルタニアンを巡って二人の女性が「決闘」するという異常事態も(笑
それだけではなく、大川一江にも恋人が!

浅井聖美の目的を探るうちに殺人事件までが発生し、
混迷を深めていくばかりですが、そこはホームズ。
そして大矢朋子の奮闘も忘れてはいけません。

しかし本書のMVPはやはりルパンでしょう。
鈴本芳子の危機を見事に救っていますし、彼女もこれには
気付いていなかった様子。

彼女とホームズたち九号棟の仲間たちの冒険が
いつまでも続いてほしいですね。


クレオパトラの葬列: 第九号棟の仲間たち4 〈新装版〉 (徳間文庫)

クレオパトラの葬列: 第九号棟の仲間たち4 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/03/03
  • メディア: 文庫



第九号棟の仲間たち4 クレオパトラの葬列 〈新装版〉 (徳間文庫)

第九号棟の仲間たち4 クレオパトラの葬列 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/03/03
  • メディア: Kindle版



nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

雨の夜、夜行列車に [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

「今夜、九時の列車よ―」組織の金を盗んで命を狙われている逃走中の宮部は、
自宅で彼を待ち続けている妻の亜紀子と、夜行列車で落ち合う約束をしていた。
しかしその列車には、宮部を逮捕しようとする刑事たち、地方へ講演に出かける元大臣とその秘書、
自殺しそうな元サラリーマンと駆け落ちしようとしている元部下など、
各々の幸せを掴むための人たちが、乗り込もうとしていた。彼らを待ち受ける衝撃の結末とは―。

かつて徳間文庫から刊行されていた本書を、角川文庫で再販した作品。
主人公の宮部は、どういう訳か女性が常に側におり、放っておけない存在のようです。
その妻・亜紀子もその一人。刑事から取引を持ちかけられ、体を許してまで、夫を助けようと
尽力します。
しかし、本作はこの宮部の浅はかな行動によって、次々と犠牲者が生まれます。

宮部が主人公と書きましたが、実質的には妻の亜紀子と刑事の小村、この2人を
中心に物語は進みます。

相棒の工藤が自分の妻と浮気していることを知った小村は、宮部と間違われ、
組織に工藤を殺害させようと画策します。

一方、物語最初の登場人物は、かつて一度だけ大臣を務めた富田恒宏と
その邸宅で働く中田貞子。
この富田、すでに政治家は引退しているようですが、視察や講演がその日その日に
入っていると思ってしまっている、困った老人で、貞子はそれをうまくコントロールする女性。
今日も、今夜9時の「夜行列車」で講演先に向かうようです。

さらに会社をリストラされた事を妻に話せず、自殺しようとする沼木正司。
しかしそれを以前の同僚米田恵理に止められ、二人で今夜9時の「夜行列車」で駆け落ち
することに。

物語は先に述べたように亜紀子と小村、そして宮部の逃亡劇が中心ですが
21時の「夜行列車」に乗るという、共通の目的を持った、そしてそれぞれいろんなものを
抱えた人物たちが織りなす、それぞれの物語であり、タイムリミット・サスペンスでもあります。

物語最終では、ほとんど無関係で終わるかと思われた富田のある行動で
小村の目論見が崩れるのですが、この富田の行動が本作最大の驚きでした。
いや、こういう政治家って、今いるのかなあ。

沼木の物語は、娘の万里が父を取り戻すための奮闘劇。ラストが彼らの物語で
終わる所がまた良い。

まだまだ隠れた名作、多そうです。


雨の夜、夜行列車に (角川文庫)

雨の夜、夜行列車に (角川文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: 文庫



雨の夜、夜行列車に (角川文庫)

雨の夜、夜行列車に (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

招待状-赤川次郎ショートショート王国- [赤川次郎]

Amazonさんの紹介ページから。

ファンクラブ会誌「三毛猫ホームズの事件簿」で、毎号書き下ろされているショートショート。
「封印された贈りもの」「幽霊の忘れ物」「シンデレラの誤算」「テレビの中の恋人」など。
会員から募集したタイトルを元に、創作された二十七の物語。ミステリーはもちろん、
サスペンス、ファンタジー、ラブストーリー…。
赤川ワールドの魅力が、ぎゅぎゅっと詰まった一冊。

赤川さんのショートショートといえば、新潮文庫から刊行された
『踊る男』と『勝手にしゃべる女』が超有名。
特に前者は最近角川文庫から復刊しましたね。

さて、本作はファンクラブ会誌に掲載されているショートショートを文庫化した作品集。
赤川作品らしい強い女性が登場する「やさしい嘘」
悲しい結末を迎える「久しぶりの里帰り」や「誰もいない教室」
特に後者は、<シリーズ・闇からの声>や近年の<花嫁シリーズ>に見られる
社会派的作品です。

一方、「眠れぬ熱帯夜」はまさに『踊る男』での男性2人のバーでのやりとり
を彷彿とする作品。最後のオチがおもしろい。

また「テレビの中の恋人」は上述した「勝手にしゃべる女」の極めて近い作風なのですが、
最後がまさにどんでん返し。

やはりおもしろい。そして赤川先生、作家40周年、御著書600冊おめでとうございます。
これからも私たちを楽しませる作品をずっと届けてください。


招待状: 赤川次郎ショートショート王国 (光文社文庫)

招待状: 赤川次郎ショートショート王国 (光文社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/02/09
  • メディア: 文庫



招待状 赤川次郎ショートショート王国

招待状 赤川次郎ショートショート王国

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/02/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

さびしい独裁者-第九号棟の仲間たち [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

深夜二時、帰宅途中に何者かに拳銃を突きつけられた若手タレントの双葉サユリは、
ダルタニアンと名乗る男に助けられる。一ヶ月前、仕事で訪れたP国で反政府ゲリラ狩りを目撃してしまったことが、狙われた原因らしい。「誰かに相談したくなったら、訪ねておいでなさい」ダルタニアンの言葉に従い、
サユリは鈴本芳子の家を訪ね、“第九号棟の仲間たち”に助けを求める!好評シリーズ長篇。

第3弾もまた長編!
表題の「独裁者」、てっきり九号棟の新入りかと思いそうですが、
これはP国でクーデターを起こしたガレスを指しています。

鈴本芳子、「ホームズ」、「ダルタニアン」、そして「ルパン」。
お馴染みのメンバーの活躍はさることながら、
本作は、「主人公」双葉サユリとパコの物語でしょう。

村木涼子が実にいい役回り。
コメディリリーフの役を担ってます。

ディレクターの音田が芳子へを役者へ誘う台詞
「しかしね、役者ってのは面白いよ。色んな人生や、人間を体験できるんだ。こんな
こと、他じゃ不可能なことだよ」

それに対する芳子の台詞
「私はね、もっと不可能なことを毎日、体験してますの」

このやりとりは、本シリーズそのものを表してますよね。
「ホームズ」も「ダルタニアン」も「ルパン」も、そして「アニーオークリー」も。
全てその人物を演じているのではなく、本人そのものだと思っているのですから。

シリーズはまだまだ続く、果たして次はどんな有名人が登場するのか?


さびしい独裁者: 第九号棟の仲間たち3 〈新装版〉 (徳間文庫)

さびしい独裁者: 第九号棟の仲間たち3 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/01/07
  • メディア: 文庫



第九号棟の仲間たち3 さびしい独裁者 〈新装版〉 (徳間文庫)

第九号棟の仲間たち3 さびしい独裁者 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/01/07
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

忙しい花嫁 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

塚川亜由美は研究会の先輩・田村とその彼女・淑子の結婚式に招待された。
しかし式の間中、花婿の田村は暗い顔。さらに「花嫁は淑子そっくりな別人」だと言う。
謎を残したまま田村はハネムーン先で行方不明になった上、
大学内でも殺人が!真実を追う亜由美だが…。
大人気シリーズ第1弾、作家生活40周年を記念して実業之日本社文庫に初登場!

塚川亜由美初登場の本作。
結婚式で突如新郎から「あの女はぼくの妻じゃない」「そっくりだが別の女だ」
と新婦が違うことを告白される亜由美。
この謎からの始まり方は本当に魅力的で、
ぐいぐい物語に引き込まれていきます。

殿永部長刑事も初登場作からその良い性格がにじみ出ていますねえ。

亜由美の相棒であるドン・ファンも初登場。
事件関係者の愛犬だったんですねえ・・・
このあたりは三毛猫ホームズに通じる所があります。

一作目にして、ほぼシリーズの骨格が固まっていて、
かつ、奇妙で魅力的な謎で読者の心を掴む傑作。
最近は短編2作の短編集で刊行されていますが、
本作のように長編もまた書いてほしいなあ。



忙しい花嫁 (実業之日本社文庫)

忙しい花嫁 (実業之日本社文庫)

  • 作者: 赤川次郎
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2016/12/03
  • メディア: 文庫



忙しい花嫁<花嫁シリーズ> (角川文庫)

忙しい花嫁<花嫁シリーズ> (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2000/12/08
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の30件 | - 赤川次郎 ブログトップ