So-net無料ブログ作成
有栖川有栖 ブログトップ
- | 次の30件

山伏地蔵坊の放浪 [有栖川有栖]

有栖川さんの短編集。安楽椅子探偵ものでしょうか。
この前この続編が出た夢を見たので、書いてみました(笑)
なんというか、どの話も本当に(つまり作中内でも)あったのかどうか、
怪しいもので、その点がおもしろいです。
「法螺を吹く」とはよく言ったものですね。

どれも創作であるならばこの地蔵坊先生はすごい推理作家になりますね。

個人的に好きなのは「毒の晩餐会」
言われてみればそれしかないか・・・と盲点をつかれました。

続編を書くのはなかなか難しいのかもしれませんが、
また新たな場所に地蔵坊先生を登場させてもらいたいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

スイス時計の謎 [有栖川有栖]

有栖川有栖さんの国名シリーズ第7弾。
全作「マレー鉄道の謎」が長編でしたが、今回は「ペルシャ猫の謎」
と同様短編集です。

お気に入りは「あるYの悲劇」
クイーン「Yの悲劇」も登場しますが、内容は全く違います。
被害者のダイイングメッセージはどうかなあと思いましたが、
犯人を指摘した時の火村はなかなか。
「スイス時計の謎」は非常に緻密に、火村が推理を詰めていくもの。
アリスの過去がちょっと書かれたりして、また最後の「これからも書いていける、
ありがとう」というのはちょい感動しました。

それにしても有栖川さんは火村シリーズはどんどんだしていきますが、
江神シリーズはどうしたんでしょうかねえ・・・
そちらを待ちこがれているファンの方もいるのでしょうし。
江神の次回作も期待したいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

暗い宿 [有栖川有栖]

有栖川有栖さんの短編集。火村英生シリーズです。
このシリーズ、講談社文庫もよいものばかりですが、あえてこの作品を
選んでみました。
講談社のはいわゆる「国名シリーズ」で読まれている方も多いかと。
角川のものは「海のある・・」などはあまりいい評判は聞きませんが、
「朱色の研究」は秀作。

さてこの作品、おすすめは文字通り「暗い宿」
有栖川が泊まった古びた旅館で起きた奇妙な出来事、そこから
事件が始まります。
火村が意外にもピンチ(?)に陥る「201号室の災厄」もいいですね。

有栖川さんのは読み始めてそれほど月日はたってませんが、
どれもおもしろいです。
「山伏地蔵坊の放浪」はシリーズ化してほしいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
- | 次の30件 有栖川有栖 ブログトップ