So-net無料ブログ作成
早坂吝 ブログトップ

誰も僕を裁けない [早坂吝]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

「援交探偵」上木らいちの元に、名門企業の社長から「メイドとして雇いたい」という手紙が届く。
東京都にある異形の館には、社長夫妻と子供らがいたが、連続殺人が発生!
一方、埼玉県に住む高三の戸田公平は、資産家令嬢・埼(みさき)と出会い、互いに惹かれていく。
そして埼の家に深夜招かれた戸田は、ある理由から逮捕されてしまう。
法とは? 正義とは? 驚愕の真相まで一気読み!エロミスと社会派を融合させた渾身作!!

エロミスを定着させた早坂先生の功績は大きい。
上木らいちのエロさが伝わる文章がまた良いのです。

本作の舞台となる逆井邸。この図が登場するのですが、確かに異形の館。
で、らいちも言っているように、明らかに「回る」だろうと思われる館(笑)

この「回る」館を使ったトリックより、犯人がアノ最中に殺人をしていたことの方が
遥かに驚きました。

そして「上木らいち」と「戸田公平」という2人の視点で交互に語られる物語が
果たしてどんな繋がりなのかが、最後に明らかにされるのですが、
これが中々唸らせる結びつきです。
上記館の回るトリックは、実際には、殺人だけでなく、戸田公平の人生をも
左右するトリックだったことがわかります。

そしてこの結びつきこそ、作中でのらいちと推理作家をめざす一心の会話にあります。
「本格と社会派の融合」、「本格のルールが現実社会のルールをも浸食する」。
この台詞は、そっくりそのまま本作に当てはまります。
戸田公平の人生を変えた現実社会の法律というルールと、
戸田公平が経験したまさに本格ミステリさながらの殺人事件。
そしてそれが明らかになった時、本書のタイトルの真の意味も明かされるのです。

本格と社会派の融合、古くて新しい課題にエロを入れつつ、見事なアプローチで
完成させた傑作です。



誰も僕を裁けない (講談社文庫)

誰も僕を裁けない (講談社文庫)

  • 作者: 早坂 吝
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/07/13
  • メディア: 文庫



誰も僕を裁けない (講談社文庫)

誰も僕を裁けない (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/07/13
  • メディア: Kindle版


nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:

虹の歯ブラシー上木らいち発散 [早坂吝]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

『○○○○○○○○殺人事件』で鮮烈デビューした「奇才」による待望のメフィスト賞受賞第1作!
上木らいちは援交をする高校生で名探偵でもある。殺人現場に残された12枚の遺体のカラーコピー、
密室内で腕を切断され殺された教祖、隣人のストーカーによる盲点をつく手口
――数々の難事件を自由奔放に解決するらいち。その驚くべき秘密が明かされる時、
本格ミステリは新たな扉を開く! さらにパワーアップした傑作短編集登場。

日本一エロい探偵とされる上木らいちの第2作にして、連作短編集。
オススメはやはりアリバイ崩しというど真ん中に、その暴き方がらいちらしい「紫」。
そして意外な犯人ならぬ意外な被害者というただ一点のみの「青」

「橙」から、上木らいちの過去の話が登場してきて、
「赤」では各話で太字になっていた箇所の意味と、ある種メタ的な作者による謎解き。
探偵の謎に迫っているようで、実はかなりふざけているようにも読めて、
この「赤」は賛否が分かれるところでしょう。
読んでいて、私はよくわかりませんでした。

しかし本シリーズはこの後も第4作目まで出ており、この上木らいちの正体に
改めて迫っているのかいないのか、そのあたりは読み所?な気がします。


虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社文庫)

虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社文庫)

  • 作者: 早坂 吝
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/09/13
  • メディア: 文庫



虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社文庫)

虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/09/14
  • メディア: Kindle版



nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:

○○○○○○○○殺人事件 [早坂吝]

Amazonさんの紹介ページから。

アウトドアが趣味の公務員・沖らは、仮面の男・黒沼が所有する孤島での、夏休み恒例のオフ会へ。
赤毛の女子高生が初参加するなか、孤島に着いた翌日、メンバーの二人が失踪、続いて殺人事件が。
さらには意図不明の密室が連続し……。果たして犯人は? そしてこの作品のタイトルとは? 
「タイトル当て」でミステリランキングを席巻したネタバレ厳禁の第50回メフィスト賞受賞作

ノベルス版の表紙が印象的で(笑)
文庫版はどうなるのかなーと期待してましたが、案外と落ち着いてました。

初っ端から「読者への挑戦状」が入り、作者の煽りが強烈ですが、
このタイトル当て(ミステリとしては初めての試み?)に引っ張られすぎると
本書の犯人当てを見失ってしまう恐れがあります。

孤島での殺人、仮面を付けた登場人物、電話は不通に・・・etcと
これでもかとミステリの「ひな形」を持ってきている本書。

しかし一方で、南国モードとい、一見「厨二病」かと思うような記述が入り込み、
(読んでいてやや苦痛)
語られ始める主人公と成瀬の本格ミステリファンの話などなど。
途中で誰もが疑うある「トリック」について筆者自身が否定するのですが、
これこそが、作者の仕掛けたトリック。

タイトル当てに目を惹かれがちですが、本書の特徴は1つの大仕掛け?
なトリックで、まあバカミスでしょう(笑

私は一度しか読んでないのですが、これは叙述トリックに分類できるのかどうか・・・
どうなんでしょう。


○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

  • 作者: 早坂 吝
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/04/14
  • メディア: 文庫



○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/04/14
  • メディア: Kindle版



○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)

○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)

  • 作者: 早坂 吝
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/09/04
  • メディア: 新書



nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
早坂吝 ブログトップ